黒あざの一種です

顔に触れる女性

削るか色を抜くか

ほくろは黒あざの一種とされており、医学の場では母斑細胞母斑などと呼ばれています。原因はシミなどと同じメラニン色素というもので、皮膚組織内にあるメラノサイトという細胞が集合している状態のため黒く見えます。一種の病変ともいえますが、ほとんどの場合良性で身体に害を与えることは少ないです。しかし、稀にガンなどのサインとして現れることもあるため、気になる場合は皮膚科などに相談するのが無難です。ほくろが発生する原因は人それぞれで、遺伝や刺激などで誘発することもあります。あまりたくさんできすぎると見た目の印象がよくないことも多く、除去治療を検討する人も多いです。ほくろを除去する際、治療してもらえる医療機関は皮膚科か美容外科です。出血などの症状があって悪性が疑われる場合は皮膚科を受診するのが安心ですが、特に不安点がない場合は美容外科でもいいと思われます。美容外科ですと皮膚を綺麗にするための治療が前提となるので、除去後の印象を悪くしないようにプランを立ててもらえます。ほくろの除去方法は、削り取る方法と色素を抜く方法があります。どちらの方法で除去するかは、ほくろの形状や部位によって医師側から提案する場合が多いです。形状には大きく分けて2種類あり、皮膚表面から突起しているタイプと皮膚に黒いシミができているようなタイプに分けられます。突起しているタイプは、色素のある組織部分を削り取ってしまうほうが手っ取り早いですし、再発のリスクを減らすこともできます。削り取る方法には切除縫合手術か炭酸ガスレーザー治療が用いられます。芯を残さないという点では切除縫合手術のほうがおすすめですが、顔のほくろなどは縫合した際に違和感を残すケースもあるためレーザー治療を用いることもあります。炭酸ガスレーザーは水分に反応して蒸散させる働きがあり、水分が飛ぶのと同時に色素部分の組織も散らす方法です。一方、シミ状のほくろの場合は切り取ったりするとクレーターになってしまう可能性があります。こちらはレーザーなどで色素を抜き、目立たなくさせるほうが良いです。Qスイッチレーザーが使われることが多く、シミ治療などにも用いられている方法です。

色素性母斑をきれいに除去

男性医師

美容クリニックでほくろ治療を申し込むとカウンセリングを長期間行うことになりますが、重要なことなのでしっかり受けましょう。皮膚科ですぐに切ってもらえることもあればがんだったということもあるので、まずは近くの病院で見てもらうべきです。

詳しく見る

質の良い技術を受ける

看護師

美容目的でほくろ除去治療を受ける場合、専門分野である美容外科を受診するのがおすすめです。医師との距離が近く、随時不安を解消しながら治療計画を立てることが可能です。治療方法も種類があるため、適するものを相談しながら後悔のないよう決めましょう。

詳しく見る

コンプレックスをなくそう

女性

近年は傷跡を目立たせずに除去できるため、ほくろ治療が人気です。施術方法によっては、術後のケアの仕方も変わってくるので気をつけなければいけません。切開除去なら術部に力を掛けず、炭酸ガスレーザーなら湿った状態に保ちましょう。

詳しく見る

美容皮膚科で受ける施術

ビフォーアフター

ほくろ治療はまず最寄りの皮膚科を受診して、がんなどでないことを確認することから始まります。その後美容皮膚科などを紹介してもらい、カウンセリングを受けながら一番いい治療法をしっかり見極め、ほくろを消していきましょう。

詳しく見る

印象が変わる

顔に触れる女性

ほくろのことで悩んでいるなら美容クリニックでのレーザー治療をおすすめします。レーザー治療はメスを入れることなく、短時間でほくろを取り除くことができます。また保険を使える美容クリニックなら、リーズナブルな価格で治療できます。

詳しく見る