質の良い技術を受ける

看護師

医師との距離と待遇

美容外科クリニックでは、ほくろ除去法として主に2つの方法を用いています。レーザー治療と、切除縫合です。レーザー治療は体への負担が少なく、切る恐怖がないので人気が高い治療方法です。また、施術時間も切除縫合に比べて短く、入院などの心配もほとんどないので気軽に治療を受けることができます。しかし自由診療でサイズが大きいほど診療費がかかるため、除去したいほくろのサイズ次第では除去方法を検討したほうが良いでしょう。一方、切除縫合は保険が適用になることがあり、サイズ次第ではレーザー治療より費用が抑えられる場合もあります。皮膚にメスを入れるため、ある程度体への負担と療養期間がかかりますが、今では痕を目立たせないようにする除去技術も進歩しているので、レーザーで除去するのと大差ない出来栄えとなります。また、根こそぎ組織を取り除けるので再発の恐れもないのが利点となっています。クリニックによって、独自のサービスを行なっているところもあります。ダウンタイムを短くするための保湿クリームを処方してくれたり、保護シールをもらえたりと、生活面でのサポートが手厚いところが増えてきています。クリニックを選ぶ際、サービスを考慮して探す人も多いようです。ほくろの除去治療を行なう際は、クリニックなどの医療機関を利用するのが安心です。部位や大きさ、状態次第では保険適用で安くなりますし、美容外科でしたら除去の痕も残らないよう、配慮の行き届いた質の良い治療を受けられます。スキンクリニック・皮膚科などでもほくろの除去は可能で、出血等の症状がある場合は悪性腫瘍との切り分けを考慮し、皮膚科を利用するのがおすすめです。ただ、良性の可能性が高く、見た目を綺麗にするために治療するのならば、美容外科の専門分野ですので安心して任せられるでしょう。また、美容外科の医師は患者と距離が近く、お互いに話し合いながら治療計画を立てることができます。特に初めてほくろを取ろうとしている人にとっては、不安や疑問が多く精神的な負担が大きいことと思われます。そんな不安感を随時解消し、逐一質問にも真摯に答えられる距離感が美容外科にはあるので、医師との事前カウンセリングをうまく活用して後悔のないようほくろ除去を行なうようにしましょう。