美容皮膚科で受ける施術

ビフォーアフター

色素細胞母斑を手早く除去

顔にほくろがあって気になるという場合には、近くの皮膚科クリニックを受診してどういった治療を施していけばいいのかを聞いてきましょう。いきなり美容皮膚科や美容外科に行ってしまう人も多いのですが、ほくろは色素細胞母斑というのが正式名称であり、本当にそれなのかを確認するべきです。もしかしたらがんなどの影響で黒く見えている可能性もあるので、近くの皮膚科でしっかりと医師に確認してもらいましょう。ほくろ治療の流れはこの状態のチェックから始まり、それからその皮膚科で治していくのか、病院を変えていくのかを確かめる流れになります。誰でも顔のほくろは一刻も早く消してしまいたいと考えるものですが、慌てすぎると結局アフターケアなどで時間がかかってしまうものです。色素細胞母斑自体はただ黒くなるだけであって、悪化することはない症状なのでじっくりと治療に取り組んでいくことがほくろ除去完了への近道といえます。美容皮膚科などはきれいに傷跡を縫ってくれるのですが、最初に入念なカウンセリングが行われることは覚えておきましょう。美容皮膚科と美容外科クリニックの大きな違いは備わっている設備であり、その設備の使用に応じて費用が大きく異なってきます。具体的には保険が適用されるかどうかで全く違う費用と相場になるので、できるだけ費用を抑えたいときには保険がききやすい美容皮膚科にいきましょう。ほくろ治療は大まかに三つの方法があり、メスやハサミ、ピンセットで切除するか、レーザーなどを用いて焼いてしまうか、そして薬を塗り続けて少しずつ除去するかです。どれが一番いいのかはそのほくろの状態によって全く違うので、医師とよく話し合って適切な治療を受けるようにしていきましょう。かかる費用が安いのは切除と薬の塗布で、炭酸ガスレーザーが保険の適用外の施術であるため高額となっています。しかし高額である代わりに一回の施術できれいにほくろを消すこともできるので、急いで除去したいときにはこれがおすすめです。急がないのであればクリームなどを処方してもらい、少しずつ色素細胞母斑の細胞をほぐしていき、ある時期になったらピンセットで取ってもらうといいでしょう。